Written by Suzuki on Date : 2006.6.24

【ASIALIVE 2005】DVD ― 鑑賞感想
※先にご承知の事かと思いますが、今回は正真正銘120%『ハイディ感想』です。偏り激しくてごめんなさい。

○ Disc.1 / オープニング

オープニングの映像はライブの時と全く同じっぽいね。
ソウル、上海の移動の様子とかがチラホラ映って、過去のアー写がババババ!っと。


1曲目 : Killing Me

いきなり美人さんでどうしようかと思ったよホントに。
このトリ頭(←悪意はない、むしろ愛情たっぷりてんこ盛り)が可愛かったな〜、少し懐かしい。
で、間奏の時に上手の方でハイディが腰をグッと落としてグルンって回るシーンを見た瞬間・・・

ヤ、ヤベェ、こりゃヤベェぞ・・・ッ

って、なってしまったよ。一曲目から鈴木の『アレ』を揺るがす攻撃をモロに食らった(笑)。
どうしてこんなにもリズムに合わせて動くハイディが大好きなのか・・・一度鈴木の脳を診てほしい。


2曲目 : Caress of Venus

最後、半音上がったところの「♪君が〜笑うと〜嬉しく〜て〜」のところ。
薄っすら笑って歌うハイディに、「一体どうすればこの笑顔を分けてもらえるんだろうか」とか思った自分はイタイ。
すごくイタイ。イタイんだが、

ホントにマジで誰か教えてくれ。

なんだか泣きたくなるほどの微笑。ハイディが幸せなら鈴木も幸せです。幸せをありがとう。
・・・てな感じで、早くも2曲目にして意識が逝ってしまっている。

ラスト、崩れ落ちるハイディに「んんっ!?」ってなって、切り替わったアングルが再びハイディに戻ってきたところで、
見ていた鈴木の身体が前に乗り出しました。
あのステージ側から仰向けに寝転がるハイディを撮ったアングル、グッジョブ(*´∀`*)b


3曲目 : Driver's High

おっと、テツさんにケツタッチ!このさりげな過ぎる接触はホントになんなんでしょうか。
触られるのは嫌がるくせに、自分が触るのはオッケーなハイディが・・・たたたまらーん(*´Д`*)
てゆーか、目、デカッ!白目萌え率高し!ペットボトル投げるのもイイ!
客席が遠いから、いつもより思いっきり投げてる姿がイイ!最後の指揮者もイイ!


4曲目 : winter fall

初めてこの曲が新曲として公に演奏された東京ドームで、再び演奏・・・・・・特別だよねぇ、ホント。
と、改めて思いながら見てたら、なんか違和感。ん?なんだこれ?

あ、ハンドマイクだ。

この曲はどうしてもスタンドマイクの印象が強いから、ハンドマイクであんまり動かないで歌うハイディの姿に違和感を感じるんだなぁ・・・と、思ってたら、最後の方でやっぱりマイクをスタンドに差して歌い始めた。うん、しっくりしっくり。
やっぱこの姿だよ(*´∀`*)←『マイクスタンド×ハイド』のコラボレーション・フェチ

ユキヒロさんズームのアングルで、微妙にハイディのデコだけ映ってるところにたまらない愛しさを感じました(笑)。
デコ万歳!「♪震える肩を〜癒〜せ〜な〜い」の「癒せない」の部分のハイディがたまらなくツボ。ハァハァ。


5曲目 : New World

【AWAKE TOUR】に引き続き、やっぱりこのキーの下げ方に猛烈な違和感。一向に馴染めない。
ケンちゃんのギターのイントロが始まっても、どうにもピンとこないんだけど・・・まぁいいや。
間奏前の「♪I'm awakening in the new world」の「ニューワー!」のところのハイディの表情が大好物です。
さらに、ラストでステージ中央に戻りながら歌ってる時のハイディの横顔が神。なんと光が似合う人なんだ・・・。


6曲目 : 叙情詩

このDVDで唯一ハイディの左手が腹に添えられる曲。はぁ〜〜〜〜〜〜(*´∀`*)
もはや何にこれほどキているのか分からないくらい、とにかく大好き。
アウトロのハミングとか、もうドームはとにかく音の広がりが素晴らしい。力の込めようも流石。


7曲目 : L'Arc-en-Ciel PARADE

○【Blurry Eyes】
しょっぱなの笛を吹くハイディがツボ。何故に両目をかたくつむって、頭を小刻み振りながら吹くの!?
で、DVD中ではこの曲からロングジャケットを脱いでるけど、このまたハイパーローライズのパンツ(ズボン)がスゲェんだけど。スゲェ可愛いんだけど。チラ見してる灰色のパンツ(下着)・・・っていうか、明らかに黒が色落ちして灰色っぽくなった履き慣らされた感漂うパンツがカワイイ。
つーかホントにこのズボン、ローライズに加えてズリ落ちちゃってるYO!若者風腰履きだYO!


○【DIVE TO BLUE】
とにもかくにも膝小僧!あんまり見えないけど、あの微妙なパンツの破れ具合がグッジョブ!


○【浸食 〜lose control〜】

!? (゚□゚*)

ダハッ!ぐはっ!おふっ!カッコイイ!!ぎゃあぁぁあぁぁぁぁ!!
いきなり始まるサビの「♪覚醒されたのは〜」のハイディはアレもう神だろう!?何アレ!?
「♪焼き尽くす〜」のハイディはアレもう魔王だろう!?何アレ!?
ヤヤヤヤヤヤヤヤバイ、今回のDVDの中の演奏では一番これキた〜〜〜。


○【花葬】
ついついパンクのハイドドラムver.を想像しちゃうな(笑)。
なんだか本当に【花葬】のPVに収録されてるハイディ並にイッちゃってる目が最高。


○【flower】
多分ラルクさんの中でも1、2位を争うくらいよく聴いた曲だから、どうしても過去のハイディと今現在のハイディとの歌声の違いを比べてしまう。あ〜ホントに厚い歌声になったなぁ。昔のハイディが、それこそまだ年若い青年が
「片想いツライツライ!」って叫んでるような印象なら、今のハイディの【flower】は「報われないなら殺してくれ」と静かに訴えてくるような印象。昔より穏やかな歌い口に感じるのに、込められた感情は今の方が断然重く激しく感じる。

んで、ラストで久しぶりのハープを吹くハイディ。
なんかさ、さすがの成長を見せ付けられた後に、トリ頭に白Tシャツにアイラインムラムラの顔でブルースハープ吹かれても・・・・・・・・・もうそのメチャクチャな存在バランスが愛しいわけだよ(涙)。。


8曲目 : STAY AWAY

スピーカーに乗った方が小さく感じるのは何故?
「♪in yourself」で指差すハイディの腕をガッと掴み挙げて押し倒してやりたくなりました。
そういやこの曲の間奏でいったんMC入れるの、無くなったんだね。演奏止まるの待っちゃったよ(笑)。
「♪in myself」で自分のこめかみを中指で突くハイディの腕をガッと掴み挙げて押し倒してやりたくなりました。ラスト、スピーカーにピョーンと飛び乗るハイディの腰を掴んで押し倒してやりたくなりました。

・・・いかん、鈴木の理性が焼き切れ始めてる!!


9曲目 : AS ONE

なんか・・・Aメロの音が変に感じる。
マイクの音響の切り替えはライブの時からそうなってた気がしないでも無いけど、編集するにあたってさらに音をいじったりしてるのかな?特にドラム&ベースのリズム隊の音が・・・な〜んか変な音になっちゃってる気がするんだよなぁ。
そのせいか、サビでようやくバランスがハマる時の「しっくり感」が素晴らし事になってるよ。
より開放的に、よりダイナミックに。

ともあれ、この曲もまた4人ともステージングがカッケェ!素直にカッケェなぁもう!!
腰を低くしてのた打ち回るハイディがたまらん!!あは(*´∀`*)あは(*´∀`*)あは(*´∀`*)
ハイディ作詞作曲の曲だからか、今のHYDEソロの【FAITH TOUR】に通じる激しいステージだね。


10曲目 : READY STEADY GO

MAX速度のレディステ。
すっげ細かいけど、「♪夢中で掴み取ろう」の部分で、ハイディが腕を下に投げ打つアングルから、ケンちゃんが腕を上に振り上げるアングルへの切り替えがすげー好き(*´∀`*)bナイス
「♪魂までは奪わせない」の囁きがもう最強にアレだわ、この人アレだわ、この子アレだわ。

嗚呼、VIVA・・・パンチラ。

(※もうあんまり理性が残って無いです、蒸発してます)


○ スペシャルトラック : P'UNK-EN-CIEL

舌出しハイディがカワイイ!
ていうかあのムラムラの顔に眼帯がやっぱりエロい。カートにハイディが乗ってるだけでエロい。
そのハイディが金網に張り付くともっとエロい。

ててててゆーかかかか!!!

ちょっと!金網から降ろされる時のハイディをご覧になりました!?奥さん!!

あの迷彩&覆面スタッフに片腕抱きですよ!?

ワタクシ、こんな抱き方、子煩悩なパパが5歳くらいの可愛い我が娘を抱っこする時か、
マッチョな外人がブロンド美女を抱き上げる時くらいしか見たことございませんワヨ!

少なくとも、日本人成人男子が同じく日本人成人男子をあの抱き上げ方で抱えるところなんざ生まれてこの方見たことねぇよ(笑)!!もうアレだな、

このシーンがこのDVDの全てだな。

・・・ご馳走様です。


○ スペシャルトラック : Round and Round 2005

あぁ〜やっぱギターハイドはカッコイイなぁ。可愛いなぁ。
あんな抱き上げられ方しちゃっても、やっぱりHYDE P'UNKはキマってるなぁ。
どこからともなく「パッシュバドゥバドゥ〜」とか「ピーポーピーポー」とか聴こえてくるのは何故だろう。

てか、あれ?ハイディが足つったのはこの曲じゃなかったか。そっちを入れてくれよ。
あの ステージに転がっちゃって動けなくなってるハイディ こそ、映像に残すべきだろう。絶対。
それか【milky way】のあのハイディがいっぱいいっぱいになっちゃって叫んじゃうところ(笑)。

○ Disc.2 / インタビュー

ほとんどの映像はテレ朝特番を見た後の日記で語ったので、特に言う事はないかな。
例えばあの 空港でのスタッフとのカップル繋ぎ とかカップル繋ぎとかカップル繋ぎとか。

ただ、改めて見て、何故ハイディだけが屋外で、しかも結構強風の中、
頑張ってインタビューされてたのかなぁ、と不思議に思う(笑)。
途中、風に煽られて触覚立っちゃってるのが猛烈可愛いじゃないか。

あと、もうインタビューが全体的に癒し系。なんかマイナスイオン出血大放出だよ・・・。
「誰か死ぬなぁ〜 オレかなぁ〜」
「ハイドさんは来ませんよ、分かりましたね〜」
あのですね、ちょっと時間が無くて、【Disc.2】はすでに見た映像も多いしってことで、
倍速で見てたんですよ。そうすると他のメンバーのインタビューなんかはすごく早口になるのに、
ハイディだけはようやく普通の人のトークの速さなの(笑)。いや〜見てて笑った笑った!
ほんっとにトロトロした喋り方なのね、あの子。皆さんも是非一度倍速で見てみてください(笑)。

それにしても、ハイディは本当にオフとオンの時の差が激しいねぇ〜。ユキヒロさんもか。
一番差が無いのはテツさんだよな。オフの時でもしっかり身なりを整えてる。
オフの時はどう見てもテツさんが一番ステキだ(笑)。
なんかハイディ&ユキヒロさんを見て、神が神、ゴッドがゴッドと呼ばれる由縁が分かる気がする(笑)。
普段ヘロヘロな分、ステージで光るんでしょうなぁ。ケンちゃんは常に自由人。

でもって、まずはソウルのハイディ。

衣装がもんのすげぇカワイイ(*´∀`*)

もうね、ジャケットだろうがコートだろうがカーディガンだろうが、とにかく鈴木はロングのアウターに弱いんだな。
間違いないねコレ。東京ドームの黒+細身+ロングジャケットなんか言う事無いよ。
そんな姿で繰り出されるシャドーボクシングに悶絶しないわけがないじゃないかッ!!おぅっ可愛い!


1曲目 : HEAVEN'S DRIVE

この曲はホント、強烈に「ラルクのhyde」を意識させる曲だよな。ひたすらラルクさんって感じ。
ギターを持ってても「ラルクのhyde」にしか見えない。


2曲目 : 自由への招待

ハ、ハイたん、この歌詞ミスっぷりはヒ、ヒドイ・・・(笑)!!
ハモのテツさんもどーしていいやらで、ハモ止まっちゃってるじゃん!愛だわねぇ(違)。


んで、今度は上海のハイディ。

おぉ!腕立てやっとる!んがぁ〜〜〜〜その姿のまま鈴木の前に来てくれ!!
ライブ前の円陣で、テツさんのイマイチな掛け声に笑いながら首を振るハイディにとてつもないメンバー愛を感じた(笑)。
ちゅーか、この人たちって緊張とかしたことあるのかいな。


3曲目 : get out from the shell

どうして『asia ver.』じゃなかったんだろう?せっかくの【ASIALIVE】なのに。
ここでやらないでどこでやるのよ!?って感じ(笑)。あえて日本語でいったのかしらねぇ。
つーか、やっぱりこの辺の『REALラインナップ』の曲をやると、ライブが締まるなぁ。
フッツーにカッコイイんだよね。「かっこいいラルクさん」が引き立つわ(*´∀`*)


4曲目 : HONEY

髪が大変なことになっちょるのぅ(笑)。
ちょうどハイディの鼻をピンポイントで赤く照らす照明が気になりまくる。


5曲目 : LOST HEAVEN

なんかこの映像で初めて聴こえたメロディがあったんだけど・・・・・・シンセかギター・・・多分ギターの音かな?
CDじゃ全然こんな音聴こえなかったよ(笑)!すっごいイイじゃん!!


6曲目 : Link

ここのメンバー紹介も、やっぱり前日24日の方が鈴木は好きだったなぁ。
ハイディの「マイルーラー」「しずかちゃん・・オレもうダメだよ・・ハァハァ」「SMOKE ON THE WATER」の超豪華版の方(笑)。いやーでも錬成もカワイイカワイイ(*´∀`*)
「ん、見えね」って呟くのも「はわぁ〜(*´Д`*)」、その後の波を見るデッカイ目も「はわぁ〜(*´Д`*)」、
前日よりちゃんとしっかりした波で返ってきたのを見て「おぉ〜」とか言ってるのも・・・

はわぁ〜(*´∀`*)

最後のジャンプも可愛かったね(涙)!!あのままシエルちゃんにダイブしちゃってシエルちゃんを下敷きに転がってくれたらもっと良かった!!飛ぶと見せかけてシエルちゃんに後ろ回し蹴りを食らわせるのもアリだ!!
・・・って、なに、この願望。


7曲目 : 虹

本当に・・・この日のこの【虹】は、「え?解散ライブですか?」の勢いだったねぇ。良かったねぇ。

・・・って、それを途中で切るバカがいるかぁ!?

もうあの東京ドームで、あの4人による、あの【虹】の演奏。
最高でした。あの4人が醸し出す迫力とか濃さとか・・・いやー、このライブはホント良かったなぁ。
音質もね、どうも【Disc.1】よりバランスが良く感じるんだよね。なんでだろ。


― 総括 ―
んー、このDVDは一枚が手軽な短さ(笑)ってのも手伝ってか、ちょくちょく見たい一枚ですね。
とにもかくにも【浸食】がめちゃくちゃカッコ良くて、覆面スタッフの片腕ハイド抱きがめちゃくちゃ可愛い。
てゆか、ぶっちゃけ萌える(*´Д`*)