I'm so happy

旧ラルクさん達が、珍しく妙な自信を持って世に送り出した素敵曲。
当時ライブの演奏前のMCで、演出の一種だったのか、何故かこの曲だけ「イイ曲聴かしたるからなぁ〜」やら、「この曲聴けるなんてキミら幸せモンやなぁ」やら「めっちゃイイ曲やから、心して聴けよーッ」やら、いろいろと言ってました。

でもって、鈴木はこの曲が弾きたいが為だけにギターを始めたという、これまた思い出深き曲。
コードがすんごく簡単なんですよ。簡単と言うか、シンプル。とてつもなくシンプル。
さらに、ファンにえらく人気のある曲でもある。例に漏れず、鈴木も大大大大大大大好きな曲です。

一見、明るくポップで穏やかな優しさ漂う曲調でありながら、そこに乗せられた歌詞には『苦しそうに見える』『殺さないでくれ』など、実にアンダーグラウンドな言葉が顔を並べる。その危ういながらも、どこか緊迫感漂うアンバランスさが、サビで一転してスローバランスとなって心地良い響きを奏でる。その波のようなうねりが、ついにラストの『I love you』のリピートで頂点に達し、最後の呟きのようなラスメロで昇華する。

この曲【I'm so happy】は、歌詞からもメロディからも【昇華】という日本語が一番似合うと思う。
故に、鈴木的に【I'm so happy】は勝手に和名【昇華】と決めている。(勝手過ぎ)

ちなみに、これのアコースティックVer.を皆さんお聴きになったことはありますでしょうか?
サクラ&テツまでもがギターを弾いてるという、アコギのみの演奏。あ、あとハイド君のタンバリンと(笑)。

アレはホント、鈴木の心の名盤です。。

さようなら

シングル【flower】のC/Wに収録された、作詞作曲hydeによる曲。

さてこの曲、正直鈴木がラルクの曲の中で最も聴いた回数の少ない曲である。
理由は色々あるのだが、正直に言ってしまえば『初聴きの時にたいして心に残らなかった』のだ。
しかし鈴木の周りの人間は口を揃えて「あれは名曲だ!」と言う。
今改めて聴いてみれば、確かにすんごい名曲だ。なんて儚い曲なんでしょう。

この曲は鈴木の中では『聴けば聴くほど味が染みてくる曲』に分類される。
以前【What is love】のレビューでも言ったのだが、『聴けば聴くほど味が染みてくる曲』というのは、非常に「好き」と「嫌い」に分かれやすいのだ。本曲が『初聴きの時にたいして心に残らなかった』鈴木は、ここで後者と判断したのだろう。
それをどうして今わざわざ聴いてるのかと言えば、それは待てど暮らせど、あまりにもラルクさんが新曲を出してくれないからに他ならないんですがッ。

というわけで過去に倦厭した曲を改めて漁ってみると、意外や意外にツボにクるではありませんか!

さて本題。
まず注目すべきは音でも歌詞でもなく、この曲のポジショニングである。
この曲の注目すべきポジショニング、それは『【flower】の後続』という点だ。この曲が【flower】の後に続くのである。
カップリングなのだから2曲目に収録されるのは当然の流れなのだが、それにしても・・・この曲が【flower】とセットでリリースされた狙いには、他でもないhyde氏の恐るべき策略が秘められていた。

では、その策略を解き明かす前に、まずは本曲を徹底解剖してみよう。

まず始めに本曲の歌詞であるが、タイトルの『さようなら』からしてハッピーな曲であろうハズがない。
言わずもがな、別れの曲である。

 「静かに時代は動いて この朝に別れを連れてきたよ」

 「舞い散る花びらが笑ってる 飾りに最後のくちづけを!
  黙っていたら 涙がこぼれてしまいそうだから お願い」

「新しい季節が来たら また会えるね ありがとう それまで・・・さようなら」

『静かに時代は動いて』ということからして、2人の意志云々ではなく、お互いの気持ちに反して別れの期限が来てしまったかのような印象を受ける。次に『舞い散る花びらが笑ってる』ということからして、やはりこの別れは2人の気持ちが冷めただの喧嘩別れだの、そういった悪い方向では無いようだ。そして極め付けに『また会えるね ありがとう』である。
以上の点から総合してはじき出された結論が、『付き合っていた2人の新たな門出へ向けての別れ』である。就職を機に上京か、はたまた海外留学か・・・何はともあれ、別れたくて別れたわけではないことが、ありありと伺えるのだ。

だがしかし、オカシイ。何かがオカシイ。妙に引っ掛かる。
というわけで、ここで 【flower】 のレビューを読み返してみてください。

そう、【flower】の徹底解剖の際に気になったのが、『主人公が持つ奇妙なユニセックス加減』であった。
本曲【さようなら】も「僕らは」という歌詞が登場することからして、主人公は男性なのだろう。
だがしかしッ!!気付いてしまう人というのは居るものである。

その引き金となっているのが、「黙っていたら 涙がこぼれてしまいそうだから お願い」の『お願い』というたった3文字たらずの言葉だ。この『お願い』には、歌詞の流れから読んで、暗に「キスをしてください、お願いします」の意味合いが込められていると思われる。

ほらまた出た!どこかで見覚えのある『待つ男』の登場だ!!

セット曲であった【flower】の主人公は、ひたすらに『彼女のお迎えを待つ男』であった。
この主人公の異常なまでの切羽詰りぶりから、「相手の想い人がすでにこの世の人ではない!」という恐ろしい結論に至ったわけだが、本曲【さようなら】は言うなれば、さらに深い喪失感に襲われて病的に思い詰めてしまった主人公のストーリーだったのである。

【flower】の後続曲である【さようなら】の主人公は、『最後のキスを待つ男』なのだ。
そして実は、冒頭の歌詞こそが全ての謎を解く最重要キーワードだった。

 「はばたく翼を広げてく 小さな空へ
  静かに時代は動いて
  この朝に別れを連れてきたよ 風にのせて」

というAメロ1番。
何度かこの場面に遭遇してる鈴木なんかは、どうしてもあの光景を想像してならない。

『あの光景』

それは決まって朝に行われ、熱風と共に高い煙突から四角い空に向かって昇っていく灰。
これは言わずもがな、『主人公の火葬』の光景なのだ。

これで全て納得がいく。
火葬・・・・・確かに死者にとっては『新たな門出』の第一歩に他ならないだろう。
そして、すでに動くことの叶わない主人公が「最後のくちづけ」を、「お願い」と切望している意味もよく分かる。
「また会えるね」との言葉も、人間みないつかは死ぬのだからいずれは想い人も主人公のところへ来るのだ。

よく小説を書く手法の一つに、冒頭に結末(現在)のシーンを書き、その後にその結末に至るまでの過去の出来事を書き綴るという手法があるのだが、まさに本曲【さようなら】の歌詞編成はそれである。冒頭の部分と、音調が変わる「舞い散る〜」からの部分が火葬釜収容・点火の瞬間であり、それ以外のサビの部分は全て火葬間際の「想い人との最後の時間」を惜しんでいる場面なのだ。

想い人に先立たれた主人公を描いた【flower】。
想い人を残して旅立ってゆく主人公を描いた【さようなら】。

【ラルクアンシエル】の知名度を飛躍的に高めた4thシングル【flower】は、その普及ぶりを嘲笑うかのように、全作詞作曲担当のhyde氏の策略によって密かに『死』の匂いが色濃く漂う1枚に仕上げられていた。

賽は投げられた

ラルクの色がよく出た、ラルクらしい一曲。

この曲は、歌詞においても作曲者のケン氏の意向があったらしく、いくつかのイメージやキーワードをハイド君に伝えてメロディを渡したのに、それらがずいぶんと無視された歌詞に仕上がったのをケン氏が見て、思わず「最近ハイドが俺の言うこと聞いてくれへん・・・」と拗ねた、なんて可愛いエピソードがある。その後、ハイド君は「【ドライブ】とか【海】とか、ちゃんと言うてるやん〜」と、開き直りに近いフォローをしたとかしないとか。
拗ねるケンちゃんを横目に、元気一杯に歌いまくるハイド君の笑顔が輝かしい夏に相応しい。

『超』を付けてもいいくらいのポップな曲調に、破滅や滅亡を思わせる不吉な歌詞。
極めつけと言わんばかりに、サビでは愛が、空が、夢が、希望が、ことごとく『Dead!』と、死に(殺され)まくっている。
しかし、そんな正体不明の不吉さが漂うところがラルクらしい、とも言える。

耳によく馴染むポップかつ哀愁漂うメロディに、意外なほどアングラ要素を含んだ歌詞。
コンポーザーのケン氏と、リリックのハイド君のイメージのズレ、というハプニングが偶然にもこの曲をより【ラルク色】に仕上げているようだ。

メロディと歌詞のアンバランスの落差。
驚異的な音域を誇る、ヴォーカル・ハイド氏の歌う高低落差。
Aメロ・Bメロ、サビとのリズム変化による落差。

4分06秒という時間が、ジェットコースター的な感覚に陥って、あっという間に感じる。
ここ近年の【レゲエ】【R&B】【HIP HOP】ブームによって、1曲の長さが徐々に長編化してる印象のある現在。
「最近、曲聴いてると飽きるんだよね〜」なんて方には、是非この曲をオススメしたい。

THE GHOST IN MY ROOM / metropolis

久々に豪華2本立てですよ!

双方とも、異質と言えば異質、らしいと言えばらしい曲。
言わずもがな【metropolis】はシングル【winter fall】のカップリングに、【THE GHOST IN MY ROOM】はシングル【虹】のカップリングに収録された曲である。

シングル【winter fall】と言えば、ラルク大爆発の年―98年の第一発目にリリースされた、言わば、98年の『大成功』を順調な軌道に乗せた『滑り出しシングル』だった。そして『復活第一弾シングル』として注目を集めていた【虹】。
そのシングルのカップリングにはハイド氏作詞・作曲の曲が収録されていたが・・・なるほど。
シングル【虹】と【winter fall】。2曲のカップリング選曲には、面白い共通点があるではありませんか。

シングル【虹】と【winter fall】のカップリング曲の共通点。
キーワードはズバリ、『落とし込むメロディ』と『浮世離れした歌詞』である。

まず『落とし込むメロディ』とは、如何なものか。
2枚のシングルのカップリング曲双方とも、メロディは決して暗くない。
むしろ、一番強い印象を受けるのは『ポップ』という感覚ではなかろうか。双方とも、弾んで途切れて流れてまた弾むそのテンポが明確で、実にノリやすい。そう・・・非常にノリやすいテンポなのだ。

だがしかしッ!!
そのテンポに乗る旋律は、引かず達せずの超中立音ばかりではありませんか。

すっこーんッと気持ち良いほど突き抜けるような高音も無ければ、地を這うような耳に心地良い低音があるわけでもない。それはヴォーカル・ギター・ベース・ドラム・・・『音』を奏でる全ての要素に共通して言える。
【metropolis】にあやかって、か〜なり卑猥な表現をさせてもらえば、

「動きばっか早くたって、ポイント突いてくんなきゃイケないのよッ!」

まさしく、イキたくてもイケないという感じ。(意味が分からない子、ゴメンね)
この場合、ラルクがテク無しということではなくて、あえてそのテクを披露していないのだ。
その狙いは言わずもがな、そう簡単にはイカさない為である。

そして『浮世離れした歌詞』のほうであるが、これはあえて説明するまでもないだろう。
【metropolis】【THE GHOST IN MY ROOM】とも、世俗で考えうる設定ではないのは明白。
そんじょそこらに転がってる日常的(もしくは人間的とも言える)設定では決してナイ。
なんたって一方は「幽霊」と、もう一方は「アンドロイド」ときてる。しかし偶然か、はたまたハイド氏の恐るべし狙いなのか、双方とも形容だけに目を向ければどちらも【人間】の様をしているイメージのモノじゃありませんか。

・・・と、ここまで分析して、さらにここになんらかの隠喩が挿入されてるにしても、結局は世俗に身を置く凡人の鈴木には、とてもとても理解の範囲を越えている。ゆえに、これらの曲を聴いても『悲しみ』『喜び』『苦しみ』『楽しみ』・・・といった、直接的な感情に結び付け難いのだ。(まぁそれはハイド氏の歌詞一般に言えることだけど)

それに引き換え【虹】と【winter fall】は、まさに対極にあるような曲だ。
ハイド氏の歌詞なので、あからさまに直接的な歌詞であることはまず有り得ないが、それでも「彼女が見つめていた 窓辺に置かれたガラス細工」「目を閉じていつも見てた 風景のように何度目かの雨も上がった」など、ラルクの曲の中でも比較的日常で使うような普通の言葉が並び、イメージしやすい情景の歌詞に仕上がっている。メロディも言わずもがな、【虹】【winter fall】ともサビですっこーんッと突き抜けるように高音が炸裂し、AメロBメロには低音部分がしっかりと盛り込まれている。

対極にあると言っても良い曲のカップリングとして、それぞれに収録された2曲。

以上のことから、この2枚のシングルに収録されたカップリング曲は一貫して、とある意図のもと選曲されていたことがな〜んとなく伺えるのだ。

『とある意図』

その意図が功を奏して、98年ラルク大爆発の年!となったのだろうが・・・
ここまでかなり散々引っ張ってますね(笑)。まぁまぁ、それにはワケがありまして。

えーと、話を戻して『とある意図』。それは・・・

『理解し難い歌詞によって【L'Arc-en-Ciel】の無固定観念を維持すること』
『イカせないメロディによって大衆的欲求を高めること』

という2点に他ならない。
ワケあって詳細は省きますが、いわゆるこれは業界戦略的に言えば「煽り」である。

その戦略は見事成功し、煽った後にリリースされたシングル【DIVE TO BLUE】は初登場オリコンチャート1位を記録。
だがしかし、これはまだ【大爆発】の序章に過ぎなかった。
『煽り』から『序章成功』を経て、ついに彼らのスイッチは本気モードに切り替わった。

彼らの本気モードって?

それは、それまで次段階への煽りとして活用していたカップリング曲を一切排除した、
『ワンマンシングル3枚同時リリース』に他ならないッ!!

・・・と、ここまで盛り上がったところで申し訳ないのだが、その内容こそ次の【食堂】メニューに準備中として陳列してる【L'Arc-en-Ciel 真夏の挑戦状】なので、続き及び省いた部分の詳細につきましては、そちらのUPをお待ちください(笑)。

※コラム 【L'Arc-en-Ciel 真夏の挑戦状】 は、2003/1/29にUP済みです。

a swell in the sun

シングル【snow drop】のカップリング曲ですね。当時、この曲に衝撃を受けた人、決して少なくないと思います。
何故ならこの曲の作曲者は・・・

あのユキーロさんですよッ!?

いやいやいや、今となっては【trick】や【cradle】などの人気曲を作ってるユキーロさんですが、当時は新加入したyukihiroの作曲は、これが初だったわけですよ。で、その曲のカラーときたら、明らかに・・・

「今までのラルクと全ッ然違うぅぅぅ〜!?」

とにかく当時は異色で、新鮮で、鮮烈なインパクトを受けたもんです。

当時、どの音楽雑誌でも『ユキヒロの加入で、ずいぶんバンドの幅が広がった』と言われてたラルクだが、まさにこの曲こそがその引き金だったわけだ。そして、この【a swell in the sun】をカップリングに収録したシングル【snow drop】以降、シングルのカップリングは概存曲のリミックスシリーズが収録されることとなる。

この曲は、それまで積み重ねられてきたラルクの歴代シングル史に新しい風を吹き込んだ重要なターニングポイントのうちの一曲。

それにしてもこの曲の歌詞、例によってリリックはハイド氏ですが、ラルクの曲の中でこれでもかッてくらい意味が分からん曲の上位を争う曲だと思う(笑)。

STAY AWAY [ Jaze Poo Mix ]

これを聴くと2年前の夏を思い出しますね〜。
それくらい、発売当時は原曲そっちのけでこのジャズプーミックスばっかり聴いてたんですが、鈴木はこのアレンジ大好きです。なんて言うかな、まさしく・・・

『身ぐるみを根こそぎ引っ剥がして丸裸にされたハイドさん』

って感じの曲じゃないですか?鈴木、表現間違ってる!?(間違ってるだろうな)
そのくらい歌声がよく聴こえるアレンジってことなんですけど、もともとジャズが好きな鈴木にはクリーンヒットです。ジャズって根底のリズムに細かい音の装飾を施していく音楽だと解釈してるんですが、もみの木のツリーに星やらブーツやらの飾りをセンス良く施していく、いわば『クリスマスツリー』みたいな感じって言ったら良いのかな。

クリスマスツリーも、デカくて豪華ならイイってもんでもないじゃないですか?
いくら豪華に飾りをいっぱいぶら下げても、そこを凝り過ぎると逆に飾りひとつひとつの個性が薄れたり、見慣れちゃったりする、みたいな。それと同様で、ジャズも細かい装飾に凝り過ぎると、逆に耳には単調に聴こえてくるんですよ。細か〜い音に耳が麻痺してしまうと言うか。その辺、このアレンジはジャズとロックの融合ってのかな?非常ーにザックリザックリ作られてる感がありますね。まるで立派なもみの木にキレイな電飾だけを飾り付けたような感じ。星もブーツもステッキも、そんな細かい飾りは『ハイドの歌声』っつーインパクトの強い電飾がひとつありゃ要らないんだよ、みたいな。

ハイド氏のヴォーカルをガッツリ堪能するのに最適曲。

STAY AWAY [ Truly Barbie Forest Ver. ]

シングル【STAY AWAY】の4曲目のリミックス曲ですね。
たぶんラルクの中で『聴かれない率ナンバーワン』を争う曲だと思いますが、鈴木はこのシングル【STAY AWAY】に入ってるリミックスの2曲が超大好きなんですよ。特に最近の深夜はこの【Truly Barbie Forest Ver.】を聴きまくり。一応ピアノ修得者なんで、基本的にピアノの音色が好きなんだと思うんですけど、それプラスαで『ラルクアンシエル』なんですよ?それを聴かないハズがないじゃないかッ!!
ほんっとキレイな曲なんで、今までノーマークだった人、是非とも聴きなさい。

ちなみに鈴木はこのシングル【STAY AWAY】、初回版のほうを買ったんですけど・・・

「キューンさん大失敗だよ、コレは」

あのさー、パッケージの作りが悪いんだよ。この3枚に折る形ってのが。どうしても中身の歌詞カードとディスククッションのペーパーがピラッと出てきませんか(笑)?フツーに紙ジャケット仕様のピクチャーレーベルが良かったな。

それと初回特典の当時話題になったのが、50万個限定フィギア。
鈴木の買ったCD屋ではすでに特典終了になってて貰えなかったんですけど、【STAY AWAY】リリースから1年後くらいのある日、以前勤めてた会社の同僚がいきなりカラーハイド君フィギアをくれまして。なぜその同僚がアレを持ってたのか謎ですが。これ全種類(12個だっけ?)集めた人いるのかな?絶対ラルクファンにはコレクター嗜好が強い人が多いっての、狙ったプロモーションだったよなぁ(笑)。