gimme A guitar

初の【SOAP】選曲です。思わず書き殴ってしまうくらいキちゃいました、この曲。

以前から鈴木の垂れ流し日記をお読みになってる方は大体お分かりいただけるかと思うんですが、どの辺がそんなにキちゃったのかと言いますと、まず・・・

@『ちょっとマイナー調なのに曲全体的には暗くない』

この『ちょっとマイナー調』にはめっぽう弱い鈴木。
これは一昔前に日記で『何故か【the brilliant green】にハマってる』と言った時にも書いたかと思いますが、なんでしょうかね。こう・・ちょっと不穏な音が混じった感じと言うんでしょうか。あんまりソレがあから様過ぎても興醒めしちゃうんですけど(偏見かもしれませんが、いわゆる『ビジュアル系』バンドの楽曲は特にそういうのが多くて、どうも鈴木は馴染めません)、ケンちゃんのあの独特のマイナー加減はホントすごい。参った。ゾクゾクする。鈴木の中では、彼はもう『不動の天才コンポーザー』ですよ。

A『効果的なシンセサイザーの旋律』

【gimme A guitar】で言うと最初のイントロのことなんですが、これにも弱い。
アルバム【ectomorphed works】内の 【fate [everybody knows but god mix]】 のレビューを思い返していただきたいんですが、鈴木はそこでこんな事を言ってました。

> サビの部分ですごく印象的なシンセサイザーのメロディラインがあるんですが、あのラインがたまらん。

そうなんですよ、たまらんのですよ。もうツボ中のツボ。どツボ。
ラルクさんなら「どういう音が誰のアイデアで出てきたものか・・」みたいな事は大方予想出来るんですが、いかんせん今回の相手はSOAPさん。このイントロのアイデアが誰のものなのか、イマイチ予想に確信が持てません。この辺が鈴木があんまりラルク曲以外(例えばソロ曲とか)のレビューをしない理由でもある。

B『ギターと一体化した中低音のベース』

最初から最後まで延々繰り返されるあの「#(シャープ)」と「♭(フラット)」の音階で下がって上がってするメロディライン。シンプルなのにギターだけじゃなくて、ベースまでもが一緒にあの音を刻んでることによって、とんでもない厚みが・・・いや、ギターも結構な数重ねて弾いてるよな?とにかくあんだけ厚みのある音が一斉に「#&♭」っていう微妙な音の階段を下がったり上がったりするわけだ。なんて言うかな、あれだけ【大きな音の塊】が「#」「♭」刻みの微妙〜な音を移動してるのに、軽快さといい、重みといい、迫力といい、絶妙なバランスなんですよね。
多分、あの4つの音から成るメロディラインが余程相性の良い音なんでしょう。

C『ロック!ロック!ロック!』

当初から鈴木はSOAPさんにはハードなイメージ(てゆーか期待)を持っていたので、自然とSOAPの曲の中ではアップテンポのゴリゴリロックの曲に惹かれる。ちょっと前の日記でも言いましたが、今何故かD'ARK-EN-CIELがブームだった鈴木にとっては、そっちからイイ感じに流れて来れましたね。
まぁそれは一曲目の【I love you, I need you, I fuck you】のお陰もかなりありましたが。
あの2曲が続けて流れてきたら、否が応にもテンションが上がる。

D『急成長したヴォーカリスト』

ケンちゃん、声がずいぶん伸びるようになったね〜。
この曲のサビに突入したところ(歌詞が分からん)の高音で伸びていくところなんか、聴いてて気持ちが良い。

・・・てな感じでしょうか。きちんと鈴木のツボ順に並べてみました。
えーと歌詞について全く触れてないのは、鈴木が歌詞カードという物を持っておらず、何を言ってるか全く知らんからです。唯一分かる出だしの「♪ぎぃみあぎたぁ〜えん〜ひぃ〜」は『俺にギターを!そして聴け!』ってな意味っぽいですが、うーん渋いね。