06. Inner Core
07. 眠りによせて
08. 風の行方
09. 瞳に映るもの
10. White Feathers
In the Air

実は、鈴木が一番好きな曲かもしれません。・・・いや、どうだろう(悩)。
ラルクの曲の中から何にせよ『一番』というのを選ぶのは至難の業なんで、「かもしれません」としか言えないんですけど、とにかくメチャクチャ好きな事は確かです。

終始感じる飛翔感がたまらなくいいですね、この曲は。
まだ声帯の使い方が若いっつーか、ケツが青いハイド君の声がまた良い。
優しくひっそりと、実はかなりの高低差でうねりまくるテツベースもどうしてくれましょう。
今日よーく音を聴いてて気付いたんですけど、出だしからずっと続く印象的なベース音の旋律が・・・なんだろうなぁ〜、音の仕組みがソナタっぽいんだよな(笑)。クラシックに通じるところがあるっていうか。聴いてて気持ち良く落ち着くのはそのせいか。また感情をダイナミックに感じ取れるドラムも・・・う〜ん、イイねぇ。

ゴメンクサイ。本当に好きな音楽ほど、上手く言葉に出来ないもんですな。

All Dead / Round and Round

今回は豪華2本立てでお送りします!

この2曲の繋がり、分かりますでしょうか?
【Round and Round】とは、作詞担当ハイド君いわく【All Dead】の続編曲だそうで。
【All Dead】で「みんな死にやがれ〜」と叫んでいたハイド君は、その2枚後のアルバム【True】3曲目【Round and Round】にて、今度は「オラ〜廻りやがれ〜」と、なんともキチ○イチックな変貌を遂げる。

一見、歌詞からはあんまり続編性は見出せないんですが、この2曲が紛れも無く兄弟曲であるその証は、
ズバリ!・・・その『メロディ』にあった。

この2曲、思えば両方ともハイド氏の作曲なのである。
さらに詳しく聴いてみると、なるほど・・・曲の構成も意外なほど似ているじゃありませんか!!
例えば、出だし&Aメロが刻むリズムで組み立てられてるあたり。両曲ともBメロでメジャーに転調するあたり。
締めがタイトルである言葉のリピートで終わるあたり。

ハイド氏は2曲分に渡って、一体何が言いたかったのか?
この2曲の歌詞に共通して使われている唯一の単語、それは・・・

『痛み』

この感情こそが、ハイド氏作詞においての最重要フィーリングのような気がする。

Blame

鈴木の所有するMDの中に『Favorite Morning Music』というラベルのMDがありまして、ラルクの曲で朝イチバンに聴くとイイぜ!って感じの曲全15曲が編集してあるんですが、そのMDに唯一【Tierra】からの選曲で入ってるのがこの【Blame】です。

そのMDに収録される条件は・・・

 @激しさがあること
 Aなんとなく薄っすらでも爽やかであること
 B1曲があんまり長くないこと

という3ヶ条があるんですが、他にはホント盛り上がる激しめの曲(【HEAVEN'S DRIVE】【STAY AWAY】【ROUTE666】【Shout at the Devil】【Promised land】【DIVE TO BLUE】など)が入ってるんですけど、この曲はそれらに比べると一見大人しめに感じますが、実は爆発的な部分とそうでない部分の落差がとにかくスゴイ。
鈴木がライブで生で歌ってるのを見たことが無くて、一番見てみたいと思ってる曲です。
いわゆる大人しい部分と、サビである爆発部分のハイド氏の声が明らかに違うんですよね。
その声帯の切り替えが生で行われるところを見てみたかった〜クソッ!
鈴木的に、【Tierra】の中で一番ハイド氏の声が今現在の声に近いように思います。

それにしても、ラルクの曲は至る所に鍵盤の音がフィーチャーされてて良いね。

Blurry Eyes

鈴木はコラムのほうでも言ってるように、別にそれほど古いファンっちゅーわけでもないです。
で、初参戦ライブでこの【Blurry Eyes】を初めて生で聴いた時のこと。
いきなり周りの観客が間奏部分で『パパンッ』と2回手拍子したんですよ(笑)。
そのフリを知らなかった鈴木はもう辺りをキョロキョロ見回して「え?え?ナニ今の(汗)!?」状態。
そんな鈴木自身の初々しさが思い起こされる・・・、というホロ苦い思い出の一曲です。

でもって、この曲のメインはやっぱし間奏直前のあの世にも奇妙な・・・もとい、世にもキレイなハモリですよ。
初聴きの人は大抵が上のコーラスをハイド氏が歌ってる、と間違えるという不思議な引っ掛けがありますが、あそこは下のコーラスがハイド氏です。ちなみに鈴木がカラオケで歌う時も、あの部分は鈴木が下パート担当です。

話を戻して、曲のど真ん中でいったん音を完全に無くすとは、いやはや面白い。
前奏の後・・Aメロの前なら、最近の新しいトコロでいくと宇多田ヒカルの【光】がそうだったり、終盤でいったん音を消して「終わるのか?終わるのか?」と思わせて、最後にまたドカーンっていう作りなら、確か他のアーティストの曲にも数曲ありますよね。それがこの曲はまさしくど真ん中なんですよ。音がだんだん消えていくわけでもなく、いきなりバシッと音が消える・・・奇妙だ。こういう作りの曲もなかなか珍しいですよね。

風の行方

鈴木がアコギで一番最初に弾けるようになった思い出深き曲。

この曲はまさしく当時のラルクアンシエルお得意の曲調だそうで(なんかの音楽雑誌で、昔そう言われてた)。
本人等も言ってたことですが、『ちょっと物悲しい哀愁漂う曲調』・・・それが当時のラルクの得意分野だったそうです。

この曲、コードを追って見ると、マイナーとメジャーのコードがキレイに交互に組み合わされてるんですよ。
ちょっと細かい話になりますが(コードを知らない人にはつまらないかも)、苦しみに思い悩んでるマイナー部分を固めるのが【Bm】【Em】とかの暗いコード。でもって、過去の甘い思い出が蘇る回想シーンは【G】【D】中心の明るいコード。それがキレイに3部作のごとく3回繰り返される。このコード見て分かるかと思いますが、ハッキリ言ってしまえば、典型的コードパターンの運びなんですよね。

が、しかーし!!
相手は散々痛い目見せてくれてるラルクアンシエルです。ただの『典型的パターン曲』で終わるわけが無い。

この曲の恐ろしいところは、ありきたりなコードパターンを、ハイドは声と詞で、ケンちゃんはギターの見本標本の如き様々なアレンジで、テツは言わずもがなの超高速リズムやらうねりやらで、サクラはドラム以外の得意な多彩パーカッション技で・・・実に突飛かつ4者4様独自の高度技でもってこの曲に『ラルクアンシエル』の色を吹き込んでるわけだ。

まわりくどいですね。
つまり、ありきたりなコードパターンの曲を『ラルクらしい曲調』と称されるような曲に仕上げられるのは、これってスゴイ事だぞ、と言いたいわけです。さて、一体どこら辺がどんな風に『ラルクらしく』仕上がっているのか、ぜひ皆さんも自身の耳で探ってみてください。